line
弁護士紹介 皆川克正 line 略歴
1971年 東京都町田市で出生
1989年 米国ミシガン州Waverly High Schoolへ約1年間留学
1991年 早稲田大学高等学院卒業
1996年 早稲田大学法学部卒業
1998年 早稲田大学大学院法学研究科修士課程修了
(刑事訴訟法専攻・田口守一教授研究室)
在学中同教授のティーチングアシスタントを務める
1998年 三菱商事株式会社入社 法務部配属
国内外の新規事業投資プロジェクト、国内外の大小様々なM&A、ファイナンス案件、コンプライアンス関連業務(関連社内規程の整備、コンプライアンス問題に対する対応等)等に従事
2006年 成蹊大学大学院法務研究科(法科大学院)卒業
2007年 弁護士登録(第一東京弁護士会
以後、国内中規模法律事務所にて企業法務と一般民事、刑事事件(否認事件含む)、英国系大手法律事務所東京オフィスにて海外大型プロジェクトや外資系企業を代理して依頼者とする各種契約作成・交渉等に従事。その後、外資系企業の社内弁護士として日本・インド・シンガポール等のアジア太平洋地域におけるソフトウェア・ライセンス関連の法務業務に従事して、2010年9月「皆川恵比寿法律事務所」を設立。
2011年 成蹊大学法学部非常勤講師(法律基礎演習)
2011年 登録政治資金監査人登録
2012年~現在 東京工業大学大学院グローバルリーダー教育院演習講師(「リーガル&コンプライアンス」)
2013年 中小企業庁より、経営革新等支援機関の認定を受ける
高校時代からの米国留学から始まり、社会人になった後も、日本の大手企業と法律事務所、外資系の法律事務所と企業での勤務経験と一見寄り道ばかりの人生ですが、自分の中の内なる挑戦心に導かれるまま、人生のターニングポイントでは常にあえて険しい道を選んできました。時として無茶とも思える挑戦に周りの方をハラハラ心配させてしまうことも多いのですが、周りの方々に支えられ、何とか、自分の事務所を設立することができました。寄り道をしたからこそ、色々な方に 巡りあえたり、見えてきたことも多く、寄り道人生も悪くないと考えています。
これまで周りの方々から受けてきた数々のサポートの恩返しをすべく、日常生活でトラブルや悩みを抱えている方々を法律の力を通じてサポートしていきたいと考えております。
line 語学
英語(TOEIC 955点)
line 得意分野
【法人向け】 企業法務、国際取引法務、知的財産権法務、独占禁止法分野(EU競争法含む)
【個人向け】 相続、遺言、離婚、交通事故
line 著作物
・「欧州での販売代理店契約に関する新しい一括適用免除規則案の発表と
 日本企業への影響」( 共著、国際商事法務Vol.37.No.12(2009年))
・金融法務用語辞典(共著、経済法令研究会、2010年)
・判例評釈 「野村證券・孫会社の損害についての責任事件」(東京地判平成13・1・25)
(金融・商事判例別冊 『企業不祥事判例にみる役員の責任』2012年3月、 経済法令研究会)
・『景品提供・表示の規制に関する法律知識Q&A』
(企業実務2012年11月月号、日本実業出版社)
line 諸活動
・経済法令研究会主催 企業不祥事研究会メンバー
・第一東京弁護士会 業務改革委員会第10部会 (国際関係)
・外国人ローヤリングネットーワーク(Lawyers Network for Foreigners)会員
・日本組織内弁護士協会(Japan In-house Lawyers Association)準会員
・早稲田大学法務研究科(法科大学院)アカデミック・アドバイザー(2008年度)
・成蹊大学法学部講師(2011年度)
・日本プロ野球選手会公認選手代理人(2011年~)
・登録政治資金監査人登録(2011年)
・西武信用金庫 包括的連携・協力 弁護士(2012年~)
・東京工業大学大学院グローバルリーダー教育院 人文社会系グループワーク特別講師(2012年~)
株式会社JTBコーポレートセールス LAPITA事業 (日本企業海外進出・会員制サポート)
アドバイザー就任(2013年~)
line その他
成蹊大学大学院法務研究科同窓会幹事長
お問合せ

お電話、メールにてお気軽にお問合せください。

受付時間:平日午前9時~午後6時

ご予約いただければ、夜間、土日祝、
祭日もご対応させていただきます。

Tel : 03-6450-3796

メールでのお問い合わせ

line 事務所概要
所属弁護士 代表弁護士 皆川 克正 弁護士 亀田治男 弁護士 大野 ゆかり
事務所情報

顧問弁護士ドットJP

顧問契約のご案内

皆川恵比寿法律事務所のブログ『弁護士・スタッフが不定期に情報発信していきます。』